ハワイ旅行持ち物リストを紹介

石垣島滞在中に行く!50代夫婦の竹富島観光レンタサイクルモデルコース

当ページのリンクには広告が含まれています。
竹富島
悩んでいる人

石垣島に滞在しているなら、離島に行くのはどうかしら。

チチカカ

石垣港からフェリーが出ており、その中の一つ竹富島がおすすめだよ。

今回、2022年8月に行った竹富島について紹介します。

しかし、竹富島に着いてもどこへ行ったらよいか分からないですよね。

そんなあなたに私達夫婦が体験した50代夫婦の竹富島モデルコースを案内します。

自己紹介

沖縄大好き50代主婦。

元都内某シティホテル勤務。

旅行好きでホテルレビューや現地のおすすめスポットなど紹介しています。

楽天トラベル

この記事で分かる事
  • 石垣港から竹富島への所要時間・料金
  • 竹富島の観光ルート
  • レンタサイクルの料金
  • 私達の失敗談
目次

【竹富島】レンタサイクルのモデルコース

09:30発のフェリーに乗り13:30過ぎに石垣島に戻る約4時間のモデルコースになります。

STEP
09:30 石垣港からフェリーで出航

所要時間約10分~15分。

STEP
竹富東港 到着

レンタサイクル屋さんの無料送迎バスに乗り込む。

STEP
丸八レンタサイクルで自転車をレンタル

店主より街の様子や注意事項を案内される。

STEP
カイジ浜(星砂の浜)

手前に自転車置き場があります。自転車には鍵は付いていないので、ハンドルの黄色いリボンと自転車の後部にある番号を覚えておく。忘れそうなら写真に収めておくと良いかもしれません。

STEP
コンドイビーチ

しばらくコンドイビーチでのんびり。竹富島にはコンビニがないので、石垣島から飲み物や食べ物は持参しました。

STEP
西桟橋

写真を撮るだけでした。

STEP
なごみの塔

塔に上り赤瓦の家並みや島全体を眺めることができます。

STEP
レンタサイクル返却

フェリーの時間に合わせて、店主が港まで送ってくれます。

STEP
13:25 竹富島から石垣島へ帰港

竹富島はどんな島なの?

竹富町は、八重山諸島に属する9つの有人島と7つの無人島からなる島嶼(とうしょ)の町。

赤瓦の民家と白砂の道など沖縄の伝統的な町並みが残る島です。

島の周囲が9.2㎞。東から西の島幅が3㎞しかない小さい島。

観光では、赤瓦の家並みをぐるりと回ったり、水牛に乗ったり、ビーチがひときわ綺麗なコンドイビーチで遊んだりすることができます。

水牛車に乗りたい人はこちらのプランもあります。

石垣島からフェリーで約15分

石垣市内の近くにあるユーグレナ石垣港離島ターミナルからフェリーに乗って出発。

所要時間は、10分~15分なので気軽に行ける島になります。

フェリーは、八重山観光フェリーと安栄観光の2社が出航しています。

フェリー料金

八重山観光フェリー、安栄観光:同じ料金になります。

チチカカ

購入するなら往復がおすすめだよ。

大人:片道大人:往復
790円1,520円
小人:片道小人:往復
410円790円

時刻表

石垣港発

八重山観光フェリー安栄観光
07:3007:30
08:30——
09:3009:30
10:3010:30
11:3011:30
13:0012:55
————
15:00——
16:0016:00
16:3016:40
17:2017:30

竹富島発

八重山観光フェリー安栄観光
07:5007:50
08:50—–
09:5009:50
10:5010:50
11:5011:50
13:2013:25
14:50——
15:2015:15
16:2016:20
16:5017:00
17:4017:50

詳しい情報は、各ホームページでご確認お願いします。

八重山観光フェリー

安栄観光

本数的には、八重山観光フェリーの方が多いです。

我が家は、主人にチケットはお願いしていたので安栄観光のフェリーに乗りました。

竹富東港に着いたらレンタサイクルの無料送迎バスに乗ろう

港に着いてもどうしたら良いか分かりませんよね。

近くにレンタサイクル屋さんもないし、水牛に乗るための送迎バスしか見当たらずあたふた・・

しかし、レンタサイクルにも無料送迎バスが、フェリー到着に合わせて港に来てくれます。(後から知った・・)

竹富島には、いくつかのレンタサイクルのお店があります。

この3店舗が有名でしょうか。

私達が竹富島に訪れた際は友利観光は定休日だったため、集落にある丸八レンタサイクルを利用しました。

丸八レンタサイクルの店主はとても気さくで感じの良い方でした。

元々はお母さんが仕切っていたそうですが、後を継いでいるとおっしゃってました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次