宮古島|宮古ブルーを満喫する【17END】行き方と楽しみ方を解説(動画あり)

こんにちは、チチカカです。
宮古島の下地にある絶景ビーチのひとつ、一度は行ってほしい【17エンド】について紹介していきます。

宮古ブルー

宮古島空港から北西の位置にある、伊良部大橋を渡った下地島に17エンドはあります。まさに宮古ブルーにふさわしい絶景とも言われる綺麗な海です。

写真を見たことがある人なら一度は行ってみたいと思うのではないでしょうか。私自身もその一人です。

行き方や楽しみ方を解説していきますの最後までご覧いただけたら嬉しいです。

目次

17エンドって?

17エンド埋め立て

下地島空港を造る際に埋め立てられてできた場所で、白い砂が特徴です。

伊良部島の西側にあるのが下地島で、下地島空港は長い間パイロットの訓練飛行場として利用されていましたが、2019年に国内・国際便が開港されました。

17エンド

名前の由来

聞きなれない名前ですよね。17は航空用語で、滑走路北を0°にしたら飛行機が170°方向に着陸できる事を表す数字のようです。0を取って17ってことですね。ちなみに反対側の滑走路は35エンドです。

読み方はone seven end(航空用語)またはじゅうななエンドいちななエンドとも呼びます。

みなさんじゅうななエンドとよんでいるらしいです。

宮古空港からのアクセス

17エンドの行き方は下地島空港の東側と西側の2つの行き方がありますが、西側の入り口の方に駐車場があるのでこちらのルートで説明します。

もし東側から行ってしまうと駐車場がなく、路駐したとしても絶景ビーチまで1km以上歩かなければなりませんので注意が必要。

宮古空港から車で約30分。伊良部大橋を渡り下地島を目指します。

日本一!伊良部大橋にも注目

伊良部大橋は全長3540mの無料で渡れる日本一長い橋です。

伊良部大橋が開通するまでは定期船が伊良部島と宮古島をつないでいましたが、悪天候による欠航や病気、出産といった緊急時などは離島の不便さで不安がありました。2015年1月の開通後、多くの観光客や伊良部島・下地島を訪れるようになりました。

宮古しまたびStyleより引用

伊良部大橋も観光名所となっており、橋を渡る手前に駐車場があるので一旦降りて記念撮影するのもおすすめします。

渡口の浜を過ぎたら、中の島海岸や通り池方面を目指して車を走らせます。更に先に進むと突き当りに駐車場が見えてきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる